禁酒日記 雑談

肝臓が悲鳴をあげる前に。酒を飲もうか悩んだときは、心を鬼にして「飲まない」選択を。休肝日をつくろう!

更新日:

お酒好きの人は必ず経験があると思います。もう僕なんかしょっちゅうで、休肝日をつくらなきゃ…と頭で理解してるものの、いざスーパーマーケットやコンビニに行くと葛藤に悩まされます。

飲みたい!!!でも休肝日をつくらないと・・・

たかだか30分ぐらいの買い物時間にもかかわらず、もう酒が頭んなかをグルグルとまわるんです。「今日ぐらいいいんじゃない?飲もうよ、飲んじゃおうよ、飲みたいんでしょ!」甘い誘惑に飲まないと固く決心した心が揺らぎます。

こうしたときに僕が気をつけてるのは、「飲まないでいられる日はできるかぎり飲まない!」という強い意志をもつことです。べつにアル中ではないとしても、ストロングゼロやら缶ビールを毎日飲んでますからねぇ。

飲みたくなるのは仕方ないだろうし、一方で週に1、2回の休肝日をつくったほうがいいのも理解しています。

なので、こうした葛藤が心のなかで起こったときはグッとごらえて必要なもんだけ買ってそのまま帰路につきますよ。まぁたまに(3回に1回ぐらい)はもう誘惑にコテンパンにやられて、気づいたらビールを飲んでたことも日常茶飯事ですが・・・。

肝臓がダメージ受けると悲惨だよ。

というのも肝臓を20代のときに悪くしてたので(ガンマgtpが150ぐらい)、それで再検査もありましたし、当時の上司は400ぐらいで糖尿病を発症して入院、取引先の人はなんと1500まで上がりアル中から肝硬変になり、さいごは肝ガンで亡くなりました。

⇒ うつ病で酒に逃げ続けると人生終わるよ。朝から晩までアルコール漬けになった取引先の恩師

仲良くしてた人たちがこうもアルコールで失敗(だよね?)してるのを横目でみてたので、お酒の恐怖はかなり近くで見てきたことになります。

あ、あと他の取引先で43才前後の人がアルコールが原因の病気で若くして亡くなってましたな。

そのひとは独身で酒がなくなるぐらいだったら死んだほうがマシだ、とか言ってて、さらに極度の医者嫌いでした。

病名は忘れましたが、病院から処方された薬は一切のまず、そりゃね、もうヤバいことぐらい本人もわかっていたんでしょうけどね。そんなこともありましたよ。

早死にする職業ランキング

あ、そういえばこの前、早死にする職業ランキングの記事がツイッターで流れてきましたが、1位のネット関連の職業に次いで、2位が商社マンでした。

ぼくの前職や取引先も商社が多かったですし、まぁなるほど・・・やはりストレスが異常な業界なのね・・・と妙に納得してしまいましたよ。

ストレスは万病の元ですが、これはアルコールも同じ。チビチビと飲み過ぎなければ問題ないとしても、それができないのがお酒です。

だから意識的に量を減らすことを心がけて、週に1回は肝臓と身体を休める日を設けたいものです。

Amazonでお酒をお得に買う方法

アマゾンでの買い物は、事前にギフト券でチャージしておくだけで最大2.5%が還元されるのでオススメです。

利用しないともったいないですね。

公式サイトにギフト券の詳細と使い方の専用ページがありますので貼っておきます。

>>アマゾンギフト券の公式ページへ

-禁酒日記, 雑談

Copyright© Puhaa! , 2019 All Rights Reserved.